メニュー

ご挨拶

 当院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 この度、地元である板橋区成増で開業させていただくこととなりました、「成増駅前かわい皮膚科」院長の河合徹と申します。

 2014年に東京大学医学部皮膚科学教室入局後、東大病院を中心に、大手企業内診療所から総合病院や往診クリニックまで、あらゆる年齢層・国籍・社会的背景の患者さんと向き合い、診療をして参りました。

 当院では、一般皮膚科・小児皮膚科・老年皮膚科と、年齢ごとに起こりやすい皮膚の病気に注意し、日帰り手術、レーザー治療、光線治療、アレルギー検査などを組み合わせて、患者さんにとって最適な治療法をご提案したいと考えております。お悩みが保険診療のみで解決できない場合には、美容皮膚科・自由診療の選択肢も取り揃え、幅広いプランをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

 赤塚第二中学校を卒業してから20年の時が経ち、成増の街並みも年々変化しておりますが、人の温かい町であることは変わっておりません。この大好きな町で、私なりに医療で還元し、「ここに相談してよかった」と皆様におっしゃっていただけるような皮膚科クリニックを目指して日々努力を続けていく所存です。

 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

院長  河合 徹 拝

当院の特徴についてさらに詳しく

 

経歴・職歴

1984年 台湾生まれ
1985年 日本に移住
2000年 板橋区立赤塚第二中学校卒業
2003年

慶應義塾志木高等学校卒業

台湾大学医学部入学

2010年

台湾大学医学部卒業

台湾大学医学部附属病院インターン修了

台湾医師免許試験合格
台湾医師免許取得

2012年

厚生労働省 医師国家試験受験資格認定

日本国医師国家試験合格(第106回)

日本国医師免許取得

東京大学医学部附属病院 初期臨床研修

2014年 東京大学医学部皮膚科学教室入局
2015年 国際医療福祉大学三田病院皮膚科 常勤医師
2017年

東京大学医学部附属病院皮膚科 助教

・皮膚外科病棟指導医

・皮膚腫瘍専門外来

・レーザー専門外来

2019年 東京逓信病院皮膚科 常勤医師
2020年

六本木 今泉スキンクリニック 非常勤医師

渋谷駅前おおしま皮膚科 非常勤医師

成増駅前かわい皮膚科 開設

その他の医療機関

2013年 男鹿みなと市民病院(秋田県) 初期臨床研修医(地域医療)
板橋区医師会病院 初期臨床研修医(地域医療)
2014年 祐ホームクリニック 皮膚科非常勤医師
2015年
〜2017年
調布東山病院 皮膚科非常勤医師
2015年
〜2019年
王子生協病院 皮膚科非常勤医師
2015年
〜2019年
日本政策投資銀行 皮膚科嘱託医
2019年
〜2020年
大日本印刷株式会社 皮膚科嘱託医

資格

その他の資格

  • TOEIC  990点(2010年取得)
  • HSK(中国政府教育部認定 漢語水平考試) 6級(2010年取得)
  • ナマハゲ伝道師(2013年取得)

所属学会

 

生い立ちと皮膚科医になるまで

 私の出生地は台湾であり、父の仕事の関係で1歳時に日本へ移住し、成増には10歳時に住み始めました。板橋区立赤塚第二中学校、そして慶應義塾志木高等学校を卒業後、親元を離れて海外の大学で新たな環境に身を置きたいと考え、台湾の最高学府である台湾大学医学部に入学し、1年のインターンシップを含む7年間の西洋医学教育を受けました。台湾と日本の医師免許を両方取得後、悩んだ末に日本で医師として働くことを決め、東京大学医学部附属病院で初期臨床研修を終えて、東京大学医学部皮膚科学教室に入局し、皮膚科医としてのキャリアをスタートさせました。

皮膚科医になった後、そしてこれから

 入局後、東大病院では重篤かつ希少な皮膚疾患を多数経験しつつ、専門分野としては皮膚腫瘍専門外来に所属し、皮膚がんの診断・手術・化学療法・放射線治療・終末期ケアに従事しました。同時に、シミやアザのレーザー専門外来にも在籍し、小児からご年配まで多くの患者さんを治療しました。

 アトピー性皮膚炎と乾癬で国内有数の患者数を誇る東京逓信病院では、紫外線療法や生物学的製剤を含めた最先端の治療以外に、名物のアトピー教室に代表される慢性皮膚病の生活指導にも携わり、長期を見据えた病気との付き合い方や病気に深く悩む患者心理についても学ぶことができました。

 その他の医療機関では、大手企業内診療所から総合病院や往診クリニックまで、あらゆる年齢層・国籍・社会的背景の患者さんと向き合う機会を得ることができました。

 今後は、皮膚科医としてこれほど多種多様な経験をさせていただいた幸運にあぐらをかかず、次に出会う患者さんに最新の知識と技術を還元できるよう努力を続けたいと思います。そして、多文化な家庭環境で習得した語学力も活かし、国籍や文化の異なる患者さんにも高水準の医療を提供できればと考えております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME