メニュー

ニキビ(尋常性ざ瘡)

 ニキビは、毛穴の中に皮脂が溜まることで炎症を引き起こす疾患です。「ニキビ」は一般的な呼び方で、医学的には「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と言います。

 おでこ、頬、背中など皮脂が多く分泌される部位にできやすく、思春期に発症することが多いですが、生活習慣の乱れやストレスなどから、大人になってから深刻なニキビに悩まされる方も多くいらっしゃいます。

 ニキビの炎症は進行すると出血や膿がでたり、皮膚の深い組織を傷つけたりするため、炎症が治まったとしても色素沈着や痕(ニキビ痕)が残ってしまうことがあります。そのため、早期治療で重症化を予防することが、ニキビ治療では大切となります。

ニキビの原因

 ニキビは、皮膚に常在するアクネ菌が増殖することで起こります。

 アクネ菌は皮脂腺の奥に生息しており、正常であれば、他の常在菌とともに皮膚を守る役割を果たします。ところが、皮脂を好むアクネ菌は、毛穴の中の皮脂が増えると、皮脂を養分として過剰増殖し、炎症を引き起こします。この炎症が「ニキビ」です。

 アクネ菌の養分となる皮脂は、乾燥、皮膚をこするなどの刺激による外的要因や、ホルモンバランス、ストレスなどによる内的要因に敏感に反応して、過剰分泌が起こります。過剰分泌された皮脂は、古い角質などと混ざり合って角栓を形成し、毛穴を詰まらせます。出口を塞がれた毛穴の中では皮脂がどんどん溜まっていき、それとともにアクネ菌も増殖して、ニキビが進行していきます。

 ニキビの原因であるアクネ菌の増殖を防ぐためには、皮脂分泌が活性化される要因を減らしていくことも重要です。

 また、基礎化粧品やメイク用品の使用によって毛穴を詰まらせることも、アクネ菌の増殖要因となります。ニキビを悪化させていることもあるため、スキンケアをはじめとした“肌に触れるもの”“肌への触れ方”を見直すこともニキビ治療では必要となります。

ニキビの症状

 ニキビの症状は、進行状態によって異なります。

ニキビの進行と症状

微小面ぽう

肉眼では見えない、小さい毛穴の詰まり。

面ぽう(白ニキビ)

皮脂と古い角質とが混ざり合うことで角栓ができ、毛穴の出口をふさぎます。毛穴のなかに皮脂が溜まっていき、毛穴が盛り上がり、白っぽく見えます。

面ぽう(黒ニキビ)

皮脂分泌の増加とともに、溜まった皮脂が毛穴を押し広げ、表層に現れます。皮脂が空気に触れることで酸化し、黒っぽく見えます。

炎症ニキビ(赤ニキビ)

皮脂を養分にして、アクネ菌が異常増殖してきます。増殖したアクネ菌は、刺激性物質を産生して炎症を起こすため、赤く腫れてきます。

化膿ニキビ(黄色ニキビ)

炎症が悪化すると、アクネ菌を減らすために白血球が集まってきます。白血球はアクネ菌を攻撃するとともに周辺組織も傷つけ、その残骸が膿となって溜まっていきます。

ニキビの診断

 ニキビは症状によって治療方法が異なってくるため、皮膚診断の上、軽症から最重症までを判断します。

軽症:片顔に炎症性のニキビが5個以下
中等症:片顔に炎症性のニキビが6~20個
重症:片顔に炎症性のニキビが21~50個
最重症:片顔に炎症性のニキビが51個以上

 また、酒さ、脂漏性湿疹など、ニキビと似ていたり、合併して起こる皮膚疾患もたくさんあります。当院では、皮膚科専門医である院長が診察を行い、適切な治療法の提案を行っています。

引用:『尋常性痤瘡治療ガイドライン 2017』公益社団法人日本皮膚科学会

ニキビの治療

 塗り薬など外用剤による治療が中心となりますが、当院では、ケミカルピーリングやレーザー治療、難治性ニキビ治療『イソトレチノイン(ロアキュタン)』など、症状に合わせて幅広い治療を行っています。治療によって副作用なども異なりますが、診察時に詳しく説明しますので、安心してご相談ください。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

レーザー治療

ハイドラフェイシャル

レーザーフェイシャル

内服薬

イソトレチノイン(ロアキュタン)

 『イソトレチノイン(ロアキュタン)』は、従来のニキビ治療で充分な効果が得られなかった難治性ニキビに対して、高い改善効果を発揮する治療です。繰り返しできるニキビでお悩みの方にもおすすめです。

 ただし、効果が高いだけに治療にあたって留意する点もありますので、詳しくは診察時に医師にお問い合わせください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME