メニュー

乳児湿疹

 乳児湿疹は、生後1~2週間後からみられる、顔や頭皮にできる湿疹です。赤いポツポツだったり、黄色くフケっぽかったりと、症状はさまざまです。

 原因の特定が難しいこともあり、乳児の肌トラブルを総じて「乳児湿疹」と言うことがあります。

乳児湿疹の原因

 乳児湿疹は症状がさまざまで、月齢によっても状態が異なります。そのため特定が難しいのですが、次のような原因が考えられています。

女性ホルモンによる過剰な皮脂分泌

 胎盤を通じて渡された母親の女性ホルモンが血中に残っている影響で、皮脂分泌が増えて毛穴に皮脂が詰まり、ニキビのような湿疹を生じます。
 生後2~4ヶ月までに起こりやすい症状ですが、一過性であるため、正しくケアすれば自然と落ち着いてきます。

乾燥などによる皮膚バリアの低下

 乳児の皮膚は未熟なため、皮膚の潤いを保持したり、外部刺激から守るバリア機能が未発達です。そのため、唾液や食べこぼしなどの汚れ、衣類のこすれなど、ちょっとした刺激でも影響を受けやすく湿疹を起こします。

汗による炎症

 乳児は発汗コントロールが未熟なため、外気温などの変化で活発に発汗します。汗を放置して皮膚を清潔に保たずにいると、汗腺に汗が詰まり炎症を起こします。炎症が起こると、かゆみを伴う赤く小さな発疹がたくさんでき、悪化すると黄色の膿をもったりします。

乳児湿疹の症状

 乳児湿疹は、顔、首、頭皮など皮脂分泌が多い部位に現れやすく、赤く小さなポツポツ、黄色いフケやかさぶたのようなもの、小さな水疱など、さまざまな症状がでます。

 局所的でなく、皮膚全体に現れることもあります。かゆみを伴うこともあり、湿疹をかくことで悪化して、じゅくじゅくと膿がでることもあります。

 症状はさまざまですが、基本的に一過性のものであり、正しくケアすることで徐々に症状は落ち着いてきます。

乳児湿疹の症状

乳児湿疹の治療

 乳児湿疹の主な原因は、汗と乾燥のため、日常的なケアで改善できます。

 低刺激の石鹸で皮膚を清潔に保ち、保湿剤でしっかりとスキンケアをする。汗をかきすぎないよう温度調節をしっかり行うなど、薬を処方しなくても、日頃の生活で改善される症状がほとんどです。

  湿疹ができることで「アトピー性皮膚炎」の心配をされる方もいらっしゃいますが、日本皮膚科学会の『アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2021』では、“かゆみを伴う湿疹が良い状態と悪い状態を繰り返し、それが2ヶ月以上続くこと”が診断基準とされています。まずは適切なスキンケアを徹底して、症状の経過をみていきましょう。

 一般皮膚科のアトピー性皮膚炎の項目もぜひ参考にしてみてください。

アトピー性皮膚炎の詳細を見る

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME