メニュー

医療HIFU(ハイフ):ウルトラフォーマーⅢ

HIFU(ハイフ):ウルトラフォーマーⅢ HIFU(ハイフ):ウルトラフォーマーⅢ

 医療HIFU(ハイフ)は、皮膚の土台から若返りを叶える“切らない”リフトアップ治療です。

 メスを使うことなく皮膚深部のSMAS(筋膜)に直接働きかけて、リフトアップ、小顔、小じわの改善、肌の引き締めなど、高い若返り効果が得られます。痛み、腫れといったダウンタイムがほとんどなく、施術直後からメイクも可能と、手軽に大きな効果を得られるのが最大の魅力です。

こんな方におすすめ

  • 顔のたるみを引き上げたい
  • フェイスラインを引き締めて小顔になりたい
  • 小じわを解消したい
  • 目元のリフトアップをしたい
  • 毛穴の開きを解消したい
  • 肌のキメ、ハリを整えたい

医療HIFU(ハイフ)とは

 HIFU(ハイフ)は、「High Intensity Focused Ultrasound=高密度焦点式超音波」の略で、高エネルギーの超音波を一点に収束させて、ターゲット部位を加熱する技術です。(虫メガネで太陽光を集める原理と同じです)

 皮膚正面を傷つけずに内部のみ熱を与えることができ、またターゲット部位周辺を傷つけることはありません。高い効果、安全性が実証された技術であり、前立腺がんや結石の治療など、幅広い医療現場で活用されています。

医療HIFU(ハイフ)の効果

 HIFU(ハイフ)は、加齢などで衰えてしまった皮膚深部の組織をターゲットに、高い熱エネルギーを照射することで意図的に組織にダメージを与えます。

 熱ダメージを受けた組織は、人体が持つ創傷治癒機能により、コラーゲンの産生・修復が活性化され、古い細胞が新しい細胞へと入れ替わっていきます。その結果、組織が再構築され、リフトアップ、肌のハリアップなど、さまざまな若返り効果を得られます。

 医療HIFU(ハイフ)の効果

 HIFU(ハイフ)の最大の特徴は、皮膚の土台でもあるSMAS(筋膜)にピンポイントでアプローチすることです。

 SMAS(筋膜)の引き締めには、これまでメスを使ったフェイスリフトでしかアプローチできませんでしたが、HIFU(ハイフ)の登場により、大がかりな外科手術をしなくても根本からのリフトアップが可能となりました。

 機械を使ったリフトアップ治療もありますが、その多くが皮膚の表皮~真皮をターゲットにしています。また従来のリフトアップ治療は、熱エネルギーが拡散する照射方法のため、皮膚深部にいくほど効果が半減してしまいます。さらに熱の拡散により、皮膚内部に熱がこもりやすく、強い痛みを伴うという欠点もありました。

 しかしHIFU(ハイフ)は、狙ったターゲットにのみ照射できるため、高エネルギー照射かつ最小限の痛みでリフトアップが叶います。

医療HIFU(ハイフ)と従来機械との違い

医療HIFU(ハイフ)のメリット

 HIFU(ハイフ)は、切らないリフトアップ治療として人気の高いメニューです。そのため、最近ではエステサロンでも「HIFU(ハイフ)」と呼ばれる施術が幅広く行われています。

 HIFU(ハイフ)は、がん治療などに用いられてきた技術で、本来は知識・経験豊富な医療従事者が行う施術です。効果が高いだけに、施術方法を誤ると思わぬリスクを生じることもあります。そのため、エステサロンで使用されている機械のほとんどは、医療機関で使用されるものより出力が弱いものとなっています。出力が弱いため、期待するようなリフトアップ効果が得られなかったり、複数回の施術を要したりします。

 1回の施術でもしっかりとリフトアップ効果を得ることができるのが“医療”HIFU(ハイフ)です。

ウルトラフォーマーⅢ

 HIFU(ハイフ)の機械にはいくつかの種類がありますが、当院ではより痛みやダウンタイムが少ない「ウルトラフォーマーⅢ」を使用しています。

 「ウルトラフォーマーⅢ」は、コラーゲン生成に最も適していると言われる65~75℃の熱エネルギーで照射するため、他の機種よりも効果的にコラーゲン生成を促し、高いリフトアップ効果が期待できます。

 また照射深度を調整することで、皮膚の表層から深層まで満遍なく照射できるほか、HIFU(ハイフ)シャワーという独自の照射ができるのが特徴です。

医療HIFU:ウルトラフォーマーⅢ

少ない痛みで高エネルギー照射が可能

 「ウルトラフォーマーⅢ」の照射は専用のカートリッジにて行います。独自の技術により、超音波の焦点を小さく絞ってターゲット照射するため、少ない痛みでの照射が可能となっています。そのため、他のHIFU(ハイフ)での痛みが苦手という方にもおすすめです。

 少ない痛みで高エネルギー照射が可能

照射深度を調整して徹底的に若返り

 「ウルトラフォーマーⅢ」は、皮膚の深さに合わせてアプローチできるカートリッジが豊富に揃っています。カートリッジを使い分けることで、真皮浅層、真皮深層、筋膜層(SMAS)と、皮膚全体を照射できるため、1度の施術でたるみ、シワ、ハリ不足とさまざまなお悩みを解消できます。

照射深度を調整して徹底的に若返り

目元のリフトアップを叶えるHIFU(ハイフ)シャワー

 HIFU(ハイフ)シャワーは、他の機械にはない「ウルトラフォーマーⅢ」独自の照射方法です。

 皮膚の浅い層に低出力で連続照射する方法で、少ない痛みで、肌の引き締め、肌質改善、毛穴の縮小などの美肌を叶えることができます。

 目元周辺への照射も可能となっており、改善の難しい目尻の小じわ、まぶたのの引き上げ効果を期待できます。照射方法を組み合わせることで、フェイスライン、頬から目元のリフトアップまで、トータルエイジングケアが実現できます。

HIFU(ハイフ)シャワー

オプションケアで若返り効果を促進

医療HIFU(ハイフ):オプション

 HIFU(ハイフ)の照射後は、「エレクトロポレーション」でのオプションケアをおすすめしています。

 「エレクトロポレーション」は、有効成分を電気の力で皮膚深層へ届ける施術です。HIFU(ハイフ)のコラーゲン生成を強力にサポートし、より高いリフトアップ効果が期待できます。またHIFU(ハイフ)の施術後は、軽い熱感を生じることがありますが、「エレクトロポレーション」が火照った肌を優しく鎮静してくれます。

医療HIFU(ハイフ)施術の流れ

医療HIFU(ハイフ):治療の流れ1

ドクター診察・カウンセリング
 施術前に、医師がお悩みや肌状態を診察します。
 施術の注意点、アフターケアについて説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば何でもご質問ください。

医療HIFU(ハイフ):治療の流れ2

クレンジング・洗顔
 施術前にはクレンジング・洗顔を行っていただき、メイクや汚れを落とします。

医療HIFU(ハイフ):治療の流れ3

ウルトラフォーマーⅢの照射
 肌を保護する専用ジェルを塗り、お悩みに合わせて「ウルトラフォーマーⅢ」を照射します。

医療HIFU(ハイフ):治療の流れ4

メイク
 「ウルトラフォーマーⅢ」は、肌への負担が少ない施術なので、施術直後からメイク可能です。

医療HIFU(ハイフ):治療の流れ5

アフターケア
 施術後に気になることがありましたら、気軽にご相談ください。

医療HIFU(ハイフ)の施術概要

施術時間照射部位によっても異なりますが、施術時間はおよそ20~30分程度です。
痛み施術部位によって、肌の奥に響くような軽い痛みや熱感がありますが、我慢できる範囲の痛みです。
ダウンタイム施術直後、軽い赤みがでることがありますが、ダウンタイムはほぼありません。
メイク施術直後からメイク可能です。
施術頻度4~6ヶ月おきに施術を行うと、若々しい肌をキープすることができます。HIFU(ハイフ)シャワーの場合、2週間~1ヶ月間隔で受けられるのがおすすめです。

よくあるご質問

  • Q. HIFU(ハイフ)は、施術中の痛みはありますか?

    照射する部位や深さによって、肌の奥に響くような軽い痛みや熱感があります。特に、骨の近くや皮膚の薄いところで痛みを感じやすいですが、ほとんどが我慢できる範囲です。
    当院で使用している「ウルトラフォーマーⅢ」は、他と比べると照射時の痛みが軽減されている機種ですので、従来のHIFU(ハイフ)の痛みが苦手な方も安心してお受けいただけると思います。

  • Q. ダウンタイムはありますか?

    HIFU(ハイフ)はダウンタイムがほとんどなく、施術直後からメイクも可能です。まれに照射後に軽い熱感を生じることがありますが、数時間で落ち着くのでご安心ください。

  • Q. HIFU(ハイフ)は、どのくらいで効果が出ますか?

    個人差はありますが、施術直後から肌の引き締め効果をご実感いただけます。
    また施術後2~3ヶ月をピークにコラーゲン生成が行われ、その後、6ヶ月ほど効果が持続するため、長期的なリフトアップが可能です。

    HIFU(ハイフ)シャワーの場合、2週間~1ヶ月ほどでリフトアップ効果をご実感いただけます。

  • Q. どのくらいの頻度で施術を受けるのがおすすめですか?

    HIFU(ハイフ)は1回の施術でも効果をご実感いただけますが、4~6ヶ月ごと定期的に施術を行うと、リフトアップ効果が高まるとともに、若々しい肌を持続することができます。
    お悩みの症状にもよりますが、回数を重ねるごとに施術間隔を空けていくのがよいと思います。

  • Q. HIFU(ハイフ)を受けられない人はいますか?

    ペースメーカーをご使用の方、シリコン・金の糸(金属糸)を入れている方、妊娠または妊娠の可能性のある方は施術を控えていただいていますので、事前にお知らせください。

医療HIFU(ハイフ)の注意事項

・痛みはほとんどありませんが、まれに皮膚の奥に響くような痛みや熱感を感じる方がいらっしゃいます。時間とともに落ち着きますのでご安心ください。

・施術直後、肌に軽い赤みがでることがありますが、時間とともに落ち着きます。

・施術後は、マッサージなどで皮膚を強くこすらないよう注意してください。

医療HIFU(ハイフ)の料金

料金を見る


HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME