メニュー

重症・難治性ニキビ治療 イソトレチノイン

重症・難治性ニキビ治療 イソトレチノイン 重症・難治性ニキビ治療 イソトレチノイン

 イソトレチノインはビタミンAの一種で、皮脂の過剰分泌を抑えるとともに、抗炎症作用もあるとても優れた成分です。

 これまでのニキビ治療で改善がみられなかった難治性ニキビ、繰り返しできるニキビに対して高い治療効果が期待でき、“ニキビループ”のお悩みから解放されます。

こんな方におすすめ

  • 皮膚科などで2ヶ月以上ニキビ治療をしても改善がみられない方
  • 繰り返しできるニキビを治したい方
  • 顔だけでなく、身体にもニキビができる方
  • 少ない治療回数でニキビを治したい方

難治性ニキビ、繰り返しできるニキビの原因

 ニキビができる原因は、肌のターンオーバーの乱れ、ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れ、ストレスなどさまざまな理由がありますが、難治性ニキビの直接の原因は、皮脂腺の肥大化にあります。

 皮脂腺は、皮脂を分泌する器官で、毛穴に複数存在しています。ストレスやホルモンなどの影響で皮脂腺が活性化すると、皮脂の過剰分泌が起こります。過剰な皮脂は毛穴を詰まらせ、出口を塞がれた毛穴の中では皮脂が溜まっていき、また皮脂を養分とするアクネ菌も増殖していきます。アクネ菌が増殖することで毛穴の中では炎症が起こり、化膿が生じます。これが、ニキビです。

 アクネ菌による炎症が癒えることなく進行すると、炎症が周辺組織を侵食していきます。浸食はどんどん広がり、ついには隣接する皮脂腺と結合して、皮脂腺は大きく、肥大化していきます。肥大化した皮脂腺が自然に縮小するのは難しいため、ニキビが治らない、ニキビが繰り返しできるといった “ニキビループ”が生じます。

難治性ニキビの原因

イソトレチノインとは?

 イソトレチノインは、「ロアキュタン」「ロアキュテイン」という内服薬に含まれる成分で、ビタミンAの一種です。
 
 「ロアキュタン」「ロアキュテイン」は、日本の厚生労働省にあたるFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けているニキビ治療薬です。“ニキビ治療の切り札”とも言われており、炎症が進行した重度・難治性ニキビに対して高い効果を発揮します。

ニキビ治療薬イソトレチノイン

イソトレチノインの効果

 難治性ニキビは、肥大化した皮脂腺を収縮させ、皮脂の過剰分泌を止めることが治療のポイントとなります。イソトレチノインは体の中から皮脂腺にアプローチして、ニキビの根本改善を叶える治療薬です。

皮脂腺を縮小して、皮脂分泌を抑制

 イソトレチノインは、皮脂腺を縮小(退縮)させる作用があり、その結果、ニキビの原因である皮脂分泌を抑制します。皮脂の分泌量が減ることで、アクネ菌などニキビの原因菌が定着できなくなるため、炎症の進行を防ぎ止めることができます。

細胞を正常化して、毛穴詰まりを解消

 イソトレチノインは、毛穴の詰まり(角化異常)を改善して、正常に整える効果があります。皮脂が毛穴に停滞するのを解消するため、アクネ菌の増殖も抑えられ、アクネ菌が引き起こしていた炎症も沈静されます。

抗炎症作用により、ニキビの赤みを緩和

 アクネ菌が増殖すると、皮膚内部ではアクネ菌を排除しようと免疫反応が働くため、炎症が起こります。ニキビの炎症がひどい皮膚は、この免疫反応が過度に働いてしまっています。

 イソトレチノインは、免疫反応を正常化する作用があり、免疫反応を抑えることでニキビの炎症を緩和してくれます。

イソトレチノインの治療方法

 1日1錠(20mg)を飲むことからスタートします。

 約6ヶ月間内服続けたら、一度治療をストップするのが基本フローとなります。イソトレチノインは、内服をやめても改善効果が続くことがほとんどですが、ニキビが再発するようなら、症状を診ながら再度内服を行います。
 
 難治性ニキビの患者さんの場合でも、治療を繰り返すことで、ニキビが気にならない状態へと改善されます。

イソトレチノインの治療方法

イソトレチノイン治療の流れ

ハイドラフェイシャル:治療の流れ1

事前診察(治療前診察)
  治療前に、ニキビの状態、これまで受けたニキビ治療の期間や治療内容、ニキビの改善状況などをお伺いします。その上で治療が適応と判断されれば、次回来院時より治療スタートとなります。
 イソトレチノイン治療を受けていただく場合、安全に治療を進めるため、事前に血液検査を受けていただきます。

治療開始
 血液検査の結果に問題がなければ、イソトレチノインを処方し、治療をスタートしていきます。
 内服した当日は安静にしていただき、体調が悪いなど、異常を感じたらすぐにクリニックまでお問い合わせください。

再診(定期検診)
 治療を開始してから1ヶ月後、イソトレチノインの効果やニキビの症状を診るため、再診にお越しいただきます。その際、血液検査も行い、副作用の問題がないかしっかりと診察を行います。

 副作用などの問題がなければ、その後は3ヶ月毎にご来院いただき、診察・血液検査を受けていただきます。

よくあるご質問

  • Q. 治療中に気を付けることはありますか?

    イソトレチノイン内服中、皮膚は日焼けしやすい状態となっているため、日焼け止めを使いしっかりと紫外線から皮膚を守るようにしてください。
    また皮脂を抑える作用から、乾燥もしやすくなっています。季節を問わず、保湿ケアも徹底するようにしてください。

  • Q. イソトレチノインはどのくらいで効果を実感できますか?

    個人差はありますが、治療開始から1ヶ月ほどはニキビが悪化したと感じることがあります。その後、2~3ヶ月経つと徐々に改善効果をご実感いただけます。改善効果を診ながら薬の量を調整していきますので、定期検診の際に、ご不安なことなどあれば何でもご相談ください。

  • Q. これまでレーザー治療を受けていましたが、イソトレチノイン内服中も続けて大丈夫でしょうか?

    イソトレチノイン内服中は、光感受性が高まるため、レーザーや光治療などを受けると色素沈着のリスクが高まります。ニキビを治してきれいな肌を取り戻すため、イソトレチノイン内服中のレーザー照射は避けるようにしてください。

  • Q. これまで飲んでいたニキビの薬を飲み続けて大丈夫ですか?

    副作用などの問題がありますので、イソトレチノイン内服中は、他のニキビ治療薬は飲まないように注意してください。
    イソトレチノイン以外の内服が必要な場合、症状を診た上で、当院医師が適切に処方します。イソトレチノインは効果の高い薬ですが、副作用もありますので、ご自身の判断で服用せず、医師の指示に従って服用するように注意してください。

  • Q. イソトレチノインの内服を途中でやめても大丈夫ですか?

    副作用などが原因で治療をやめるのでなければ、まずは6ヶ月間続けて内服することをおすすめします。
    治療の再開はいつでもできますが、効果的にニキビを治すためには、続けてイソトレチノインを内服することが重要です。

  • Q. ニキビが再発することはありますか?

    個人差はありますが、イソトレチノイン治療後もニキビが再発することはあります。
    ただ、適切に治療を続けることで、着実にニキビは改善されていきます。難治性ニキビや繰り返しできるニキビは、簡単には治らない症状です。しっかりとニキビを治していくためは、焦らず治療を続けていくことが大切です。

イソトレチノイン治療の注意事項

・イソトレチノイン内服中は日焼けをしやすいため、日焼け止めを使い、紫外線から皮膚を守るようにしてください。

・イソトレチノインは皮脂分泌を抑える作用があることから、治療中は皮膚が乾燥しやすくなるので、しっかりと保湿ケアをするようにしてください。口周囲なども乾燥しやすくなるので、リップクリームなどで保湿ケアをしてください。

・以下の方は、イソトレチノインの治療は避けていただいています。

 〇妊娠又はその可能性がある方、授乳中の方
 〇ビタミンA過剰症の方、ビタミンA配合化粧品などでアレルギーを起こしたことがある方
 〇肝機能障害のある方
 〇18歳未満の方

イソトレチノイン治療の料金

料金を見る

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME