メニュー

Qスイッチレーザー治療

Qスイッチレーザー治療 Qスイッチレーザー治療

 Qスイッチレーザー治療は、加齢などによってできる濃いシミ、そばかす、生まれつきある青あざなどを選択的に消すことができる治療です。
 シミの原因であるメラニン色素のみに反応するレーザーのため、健康な皮膚を傷つけることなく、メラニンのみを取り除きます。レーザー照射されたメラニン色素は、肌のターンオーバーとともに排出されるか、体内に取り込まれて分解されます。
 フォトフェイシャルなどに代表される光治療などよりも、効果的かつ少ない治療回数でシミを取り除けるのが特徴です。

保険承認のQスイッチレーザー「Accolade J(アコレードJ)」

 当院では、Qスイッチレーザーのなかでも保険承認機器である「Accolade J(アコレードJ)」を使用しています。
 Qスイッチレーザーによる治療の多くは、症状に関わらず自由診療で行われますが、当院の「Accolade J」は、太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症など症状であれば保険適応での治療が可能です。その点が、他のQスイッチレーザー治療とは大きく異なる特徴です。

 ほかにも自由診療となりますが、加齢によるシミの治療も可能です。レーザーフェイシャルという弱いエネルギーで照射する治療法を用いて、肌のトーンアップや美肌効果が期待できます。
 「Accolade J(アコレードJ)」は、従来のQスイッチレーザーよりも色素沈着になりにくく設計されており、美肌治療として大変おすすめです。

 「Accolade J」によるQスイッチレーザー治療は、照射方法をコントロールすることでさまざまなシミ治療が可能であり、当院では皮膚科専門医である院長が、診察にてシミの種類を見極めた上で適切な治療法を提案しています。

Accolade J(アコレードJ)

Qスイッチレーザー治療の適応症状

 シミにはさまざまな種類があり、症状によって保険適応となるものとそうでないものがあります。

保険適応の症状
ADM ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

20歳前後に現れるくすんだグレーっぽい色調(やや青みを帯びた独特の褐色)のシミの一種です。頬の上部、目の下あたりに左右対称でポツポツと現れます。そばかすや肝斑などと混在しており見極めが難しいとされています。
ADM 青アザ(太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性刺青)

シミの原因となるメラニンが皮膚の深いところに存在しているため、フォトフェイシャルやピーリングでは治療が難しい症状です。
顔のほかに、手足などに生まれつきある「太田母斑」「異所性蒙古斑」、ケガや鉛筆の芯などの異物が皮膚の深くに入り込むことでアザとなる「外傷性刺青」といった症状があります。
自由診療(保険適応外)の症状
ADM 加齢によるシミ(老人性色素斑)

年齢とともに現れる一般的に“シミ”と言われる症状です。5mm~1cmほどの大きさで境界線がはっきりとした茶色のシミを指します。
ADM そばかす(雀卵斑)

小学生くらいから出現し、徐々に濃くなってくる細かい細かいポツポツした茶色のシミを指します。

 皮膚科専門医である院長がシミの種類を見極めて、適切な治療を行っていきます。

 シミは混在していることも多いですが、複数のシミを同時に治療していくことも可能ですので、気軽にご相談ください。

Qスイッチレーザーの治療方法

保険適応のシミの場合(スポット照射)

 高出力でレーザーを照射して、メラニンを破壊してシミを治療します。
濃いシミをピンポイントで治療する照射方法で、症状や大きさにもよりますが、1~3回の治療で症状の大幅な改善が期待できます。

Qスイッチレーザー治療の症例

Qスイッチレーザー治療の症例1

Qスイッチレーザー治療の症例2

Qスイッチレーザー治療の症例3

 照射の際は、輪ゴムではじかれるような痛みがありますが、塗り薬タイプの麻酔を行いますのでご安心ください。レーザー照射したところは、かさぶたのようになり2週間前後で自然にはがれ落ちてきます。

 ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)や青あざ(太田母斑、異所性蒙古斑)など、皮膚の深いところに存在するメラニンを分解する治療の場合、3ヶ月ごとに照射を行います。照射部位はかさぶたにはならず、何度か照射することで徐々にシミ・あざを薄くすることができます。

自由診療によるシミの場合(スポット照射)

 加齢や紫外線などの影響によってできる、境界のはっきりしたシミ(老人性色素斑、日光黒子)の治療です。
 上記のように、高出力でレーザーを照射して局所的にメラニンを破壊してシミを薄くしていきます。くっきりとしたシミの場合でも複数回の治療で、充分な効果を得られることができます。

自由診療によるシミの場合(レーザーフェイシャル)

 ダウンタイムが出ないように出力を低めに抑え、合計数千発のレーザーを顔全体に均一に照射する治療です。

 低出力のレーザーが穏やかにシミの原因であるメラニン色素を分解してくれます。3~6回治療を繰り返すことで、徐々にシミを薄くなることが期待できます。
また、顔全体のくすみ改善、肌のキメ改善、毛穴の引き締めなど、美肌効果も高いのが魅力です。

 『美肌点滴・注射』やトラネキサム酸などの飲み薬を併用して治療を行うと、相乗効果で治療効果を高めることができます。

Qスイッチレーザー治療の流れ

ハイドラフェイシャル:治療の流れ1

ドクター診察・カウンセリング
 皮膚科専門医である院長が、丁寧に診察を行います。 シミの種類を見極めて、適切な治療法を提案します。また、治療法や注意点、アフターケアについて説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば何でもご質問ください。

ハイドラフェイシャル:治療の流れ2

クレンジング・洗顔
 メイク・日焼け止めはレーザーを弾いてしまい効果が落ちてしまうので、治療前にクレンジング・洗顔をしていただきます。 身体への照射を行う場合も同じですので、できましたら日焼け止めを塗らずにご来院ください。

レーザー照射
 一人ひとりの症状に合わせて、Qスイッチレーザーを照射します。

ハイドラフェイシャル:治療の流れ4

アフターケア
スポット照射
 かさぶたが取れる1週間程度は、照射部位をテープで保護していただきます。 テープの上からメイクや日焼け止めを塗っていただくことは可能ですが、かさぶたを無理にはがさないよう気を付けながら、テープを清潔に保つようにしてください。

レーザーフェイシャル
 照射直後からメイク可能ですが、肌はデリケートな状態となっています。治療中は、しっかりと日焼け止めを塗ってUV対策を行ってください。また、皮膚を強くこすらないようにしてください。

よくあるご質問

  • Q. 1回の治療でどのくらい改善しますか?

    シミの種類や濃さなどによっても異なりますが、保険適応であるスポット照射の場合は1回でも改善効果を実感いただけると思います。
    そばかすなど、広く薄いシミが点在しているような症状の場合は、複数回治療を繰り返す必要がありますが、徐々に薄くなっていくのを実感いただけます。

    青あざ(太田母斑など)も繰り返し治療を続けることで症状が改善されます。症状にもよりますが、5回以上の照射を必要とすることもあります。適切な治療を行うには時間が必要となりますが、改善に向けて一緒に根気強く治療を行っていきましょう。

  • Q. 痛みはありますか?

    スポット照射の場合、ゴムで弾かれたような痛みがあります。
    レーザーフェイシャルの場合は、ピリピリとした軽い痛みが感じることがあります。
    いずれも痛みが残るものではないので、照射後、時間とともに落ち着きますので安心してください。

  • Q. 子ども(未成年)の青あざ治療は行っていますか?

    保護者の方の同意書が必要となりますが、未成年の治療も行っています。
    青あざ(異所性蒙古斑など)は保健適応で治療が行えます。生まれつきあるあざは自然には消えないものもありますので、お子さんのあざなどでお悩みの方は気軽にご相談ください。

  • Q. 治療中や治療後に気を付けることはありますか?

    Qスイッチレーザーの治療後は、肌がデリケートな状態です。
    紫外線や摩擦などの刺激をあたえないよう注意してください。
    冬場でも日焼け止めを塗り、保湿ケアもしっかりと行ってください。またフェイスマッサージなども避け、皮膚をこすらないようにしてください。

Qスイッチレーザー治療の注意事項

・「スポット照射」での照射後、照射部位をテープで保護していただきます。医師、看護師がケア方法についてしっかりと説明しますので、改善効果を落とさないためにも適切なケアを行ってください。

・「レーザーフェイシャル」での照射後、肌に軽い赤みがでることがありますが、時間とともに落ち着きます。

・施術後およそ2週間は肌がデリケートな状態ですので、保湿を充分に行い、日焼け止めを使用して紫外線から肌を守るようにしてください。スポット照射は2週間後も特に紫外線予防に留意し、レーザーの治療効果が落ちないようにする必要があります。

・Qスイッチレーザーの照射後は、ピーリング効果のある洗顔やスクラブなどの使用は避けてください。またマッサージなどで肌を強くこすらないよう注意してください。

Qスイッチレーザー治療の料金

あざ治療の料金を見る

シミ治療の料金を見る


▲ ページのトップに戻る

Close

HOME